私たちのビジョンを信じ、抱きしめる芸術

私たちのビジョンを信じ、抱きしめる芸術

私は迷子になるすべての人を信じる
誰かが道を示すようになるだろう....
私は信じて、私は信じています...
- エルビス·プレスリーが歌ったとして

それは言われています: 私は主を信じる。 私の不信を助ける... 私たちは皆、疑念の瞬間を持っています。私たちは皆、自分自身、友人や隣人、私たちの国、私たちの世界で信じる瞬間を持っています...そして、私たちは魂の暗い瞬間を持っています - 疑念の瞬間

Oftentimes, in our life, we have doubts about the outcome of a situation... whether the doubt has to do with our own capabilities, or someone else's. Yet faith in ourselves is an integral part of succeeding... When we give up believing in ourselves, we give up trying.

忍耐と、我々は目標を達成

Think of a baby learning to walk. It somehow believes that it can do this, even when all evidence points to the contrary -- after all, at first it can barely crawl -- yet that baby keeps trying and trying until one day it can walk and then run. And as we watch that baby, we also have faith and believe that the child will someday, soon, learn to walk. Even though it can't even stand on its own, we know that with practice and with perseverance, it will attain its goal.

This principle applies in our personal lives as well. We may have a goal, like quitting smoking, or changing our eating patterns, or being less impatient with others -- and sometimes it seems like we fail miserably. We fall back into the old behavior we are trying to replace.

Yet if we don't give up, if every time we fall down or "fail" we try again, then eventually we will emerge victorious. If we hold on to our vision and know that eventually we will attain our goal, we will have gained internal strength with every "fall". If after the moments of doubt, we can regroup and get back on the path, then we have won.

当社のビジョンにつかまっ

しかし、私たちが目標に固執していない、あるいは自分やビジョンに対する信仰を失っている段階で、自分を判断するのは簡単です。その時点では、あきらめます。 しかし、それが私たちの信仰、私たちのビジョンを守らなければならない瞬間です。 それは、夜明けの前に常に最も暗いです。 したがって、私たちは絶望のように感じられ、私たちは「決してそこに行きません」と言うとき、それは私たちの目標に向かって努力しなければならない時です。

時には、ちょうど私たちがほとんど諦めたその時点で、ある種の助けを借りて、誰かがあなたの目標をサポートするために、ある種の助けを借りて出現します。

All of this also applies in our work situations, in our governments, and in the world. We may have a difficult co-worker, or a "challenging" neighbor, or a tense world situation, yet, we must hold on to our belief in success, even in the midst of darkness. People may laugh at our "idealistic" goals, think we can never attain what we strive for, yet we must keep picking up the pieces of our vision -- each time we drop them. We must continue to hold within our hearts our vision -- whether of a peaceful and loving work environment, neighborhood, or world -- we must, after we go through our periods of doubt and of fear, go back to the original goal, the original vision.

"不可能"のバリアを過ぎると破壊

一日のうちに歩くことを学ぶことは不可能かもしれないが、赤ちゃんはそれを止めさせない...それは試し続けて、試して、試している。 数年前、月に行ったり、4分の「障壁」を壊したり、電話やインターネットなどを使ってインスタント通信をすることは不可能だと考えられていました。

私たちが達成したすべてのことについて、いつも批判している人がいました。 これらの疑念は常に目標が達成できなかった理由の「証拠」を持っていました。 しかし、その現実を受け入れない勇敢な魂たちは、「不可能」という壁を越えて新しいものを作り出すことができた。飛行機、車、電話、月に行くロケット、インターネットシステム、新しい世界記録など

私たちは日々の生活の中で、そして私たちのグローバルな状況においても同じ状況に直面しています。 私たちが何かが不可能であると主張するなら(喫煙をやめ、より多くの患者、体重を減らし、世界の平和を達成する)、私たちは試みをやめ、可能性の扉を閉めました。 しかし、フォールバック(他のたばこやアイスクリームのボウル、怒りや戦争の爆発など)に直面しても、私たちはまだ自分自身を拾い上げて再試行することができ、成功することができるということを知り、受け入れています。

私たち自身を信じる

We must keep believing in ourselves and in the other "ourselves" out there. I remember when the cold war was ending with Russia: Trips were organized to Russia where "regular people" went and met with "regular people" in Russia, only to discover that we are all the same.

People the world over have the same hopes and dreams -- we all seek to have a happy life, to have the love of our family and friends, to live in a safe and peaceful world. Whether we speak the same language, practice the same religion, or dress the same or not , we are all human -- in spite of our external differences, inside we are the same. We all have hopes and aspirations, and the power to strive and make those dreams come true.

しかし、自分自身や他者を信じて始める必要があります。 "主よ、私は信じて、私の不信を助けます。「はい、夜の暗闇が私たちには日がないと信じる時がありますが、少し長くしてあきらめないと、ある時点で光が来るでしょう。

個人的であれグローバルであれ、それは私たちの目標のすべてを伴います。 私たちが疑念、恐怖、嘲笑、逆に「証拠」の真っ只中に握っていれば、私たちのビジョンを握り(それを落とすたびに拾い上げる)、目標に達するでしょう。

方法は、常にあります

私たちは決してそこを通らずに挑戦を与えられることはありません。 時には私たちが迷路に巻き込まれたと感じるかもしれませんが、道がないのですが...方法があります。私たちがそれを見ていなくても、常に方法があります。 何か理由が見つからなくても、いつでも希望があります。 まだ聞いていなくても、いつも答えがあります。

あきらめるのは簡単で、続けるよりはるかに簡単です。 しかし、あきらめるのは怒りで、しばしば無関心になります。 自分と世界をあきらめている価格は、本当の喜び、本当の希望、私たちの生活に本当の物質ではなく、オートマトンとして生きています。 子供が歩き回って自分の世界を発見しようとすると、それが生きる理由を失ったように感じるかもしれません。 私たちが私たちの個人的な目標だけでなくグローバルなものを私たち自身をあきらめると、同じ気持ちになるかもしれません。

Yet, while we still have breath, we can conquer our own habits, and we can help the world to conquer its habits too. The habits of apathy, greed, fear, anger, hate... As we look within ourselves and attend to the business of being the best person we can be, we will serve as "role-models" or "real-models" for the world around us -- for our families, co-workers, and the people whose lives we touch in some way.

As we become a better person, we help others to become better persons too. As we live our "possibilities", then others see what is possible for them as well. The child learning to walk is inspired by seeing those around it walking. As we learn to "walk" through our daily challenges, others gain strength from our example. As we hold on to our hopes, knowing that each setback is part of the process of attaining our goals, we inspire those around us.

より良い人間になる

私たちは一度に一人の世界を変えることができます...そしてその人は私たち一人です...私たちが内部を見て、私たちが世界で嘆かわしい(怒り、憎しみ、嫉妬、復讐)私たちは世界を変えることに私たちの役割を果たします。 これらの過去2週間、私は、私の中で起きる焦りと怒りの瞬間をもっと知っています...判断の瞬間(自分自身か他人のどちらか)...恨みを抱く瞬間...人々は過去から心に来た...私は許していない人、私は放棄していない...私はその怒り、傷つけ、憤りを運んで保持しているそれらの思い出...

私たちが世界で明らかになっている問題に対してより敏感になるにつれて、同じ問題がどのように反映されているかについて、より敏感になる可能性があります。 多分それが鍵です...私たちがより良い人間になると、私たちは世界の意識を高め、一度に一人の人間を助けます...

地球に平和があり、それが私と始まるようにしなさい...

「地上に平和があり、それを私と一緒に始める...」 私はこの曲が過去数週間、私の頭の中を頻繁に通り抜けているのを見つけます...誰かに気楽に感じるたびに、突然、 「地上に平和があり、それを私と一緒に始める...」

はい、私たちは世界的に行動しなければなりませんが、個人としては、世界を変えようとする前に、私たちが自分の心の中で「自宅の問題」を世話することを確実にしなければなりません。 私が何度も見てきたように、私たちがより愛情を感じるほど、私たちの世界は愛されるようになります。 私たちの周りの世界が変化を反映するほど、より多くの患者、理解、思いやりがあります。

And yes "Rome wasn't built in a day"... but, that doesn't mean we have to stop going towards our goal. Just because we don't learn to walk, quit smoking, stop being impatient, attain world peace, in one day, does that mean we have to give up? I believe it is possible. We can do it... one choice at a time.

お互いのモラルサポート

平和で愛情のある世界 - 私の心の中で平和と愛から始まり、すべての人のために平和と愛に向かって動いている私のビジョンの一部になってくれてありがとう。 私たちは一緒にできるのです...私たちはすべて互いに "道徳的な支持"です...疑念の瞬間があるとき、我々は孤独ではないことを覚えているかもしれません...他の人も同じ希望、同じ願望、同じビジョン。

There is power in numbers, and our numbers are growing -- exponentially... Hold the vision! Believe that it is possible, even if you don't see how. We can, and we will, heal ourselves and the world... starting with ourselves -- loving ourselves, forgiving ourselves, our lapses, our errors, our transgressions... and moving outwards... We can, we will, we are in this together!

関連書

すべての問題に精神的な解決策があります
ウェインダイアーによって。

パフォーマンス

ベストセラーのウェイン・ダイアーは、彼の商標、知恵、ユーモアをもって、愛、調和、そしてサービスの力を説いています。 問題に直面したとき、それは病気、財政の心配、または関係の困難である、私たちはしばしばそれを解決する知性に依存します。 この急進的な本では、Dyerは私たちの問題の解決策を含んでいる全能の霊的な力が私たちの指先にあることを示しています。 深遠で思いやりのあるものでありながら、実用的なアドバイスで満たされていますが、 すべての問題に精神的な解決策があります 自己認識と私たち全員の中で癒しのエネルギーをタップについての本です。 ダイアーが書いているように、「思考は問題の原因です。あなたの心はそれらを解決するための答えを持っています。

Click here for more info and/or to order this paperback book. Also available as a Kindle, Audiobook, and hardcover.

著者について

マリー·T·ラッセルの創始者である InnerSelfマガジン (1985を設立しました)。 彼女はまた、生産や自尊心、個人の成長、幸福などのテーマに焦点を当て1992-1995から毎週、南フロリダのラジオ放送、インナーパワーを開催しました。 彼女の記事は、喜びと創造性の私たち自身の内側のソースに変換し、再接続に焦点を当てています。

クリエイティブ・コモンズ3.0: この記事はCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0ライセンスの下でライセンスされています。 著者の属性:Marie T. Russell、InnerSelf.com 記事に戻る この記事はもともとに登場しました InnerSelf.com

enafarZH-CNzh-TWtlfrdehiiditjamsptrues

InnerSelfをフォロー

Facebookのアイコンさえずり、アイコンrss-icon

電子メールで最新情報を取得する

{emailcloak =オフ}