憤り:私たちの心の影に潜む猛烈なモンスター

憤り:私たちの心の影に潜む猛烈なモンスター

これは空気です。
心臓チャクラを開く。
怒りと怒りを吹き飛ばし、苦しみ、
妬み、嫉妬、敵意、怒り。

怒りの危険は、私たちが持っていることではなく、解放することを選ぶことができないことです。 それは怒りと憤りと同じであるようです。 疑いや恐怖で怒りを抱きます。 私たちが経験した侮辱と怪我についての物語を作ります。 怒りは、私たち自身の小と劣等感に対する独善的な撤退になります。

私たちが気にしていない場合、私たちは、これらの否定的な感情の騒ぎで繁栄する体と精神のすべての病気になりがちです。 ソアが元に戻る。 頭痛。 分離。 復讐。 慢性および致命的な疾患でさえ、怒りが醸造されるときに現れることがある生化学的障害に起因している。

憤りは、私たちの周りの人生を吸うことができます

怒りは敵ではありません。 それは、おそらく私たちが抵抗している変化に向かって動いている、おそらく最善の利益にならないものから離れていく、行動する必要があるということを私たちに伝えます。 怒りは、それ自体で、健康な感情です。 一方、憤りは私たちと私たちの周りの人々の人生を吸う力を持っています。

「再送」という言葉は、文字通り、「再触感」を意味するラテンの先駆者から派生したものです。 私たちが誰かや何かに憤っているとき、私たちは実際に前に来た痛みや痛みや失望を再び感じています。 私たちは過去に生きています。 残念なことに、私たちは現在のところにも影響を与えており、将来的には問題を抱えています。

私たちの議論の目的のために、私は2つの辞書ソースからのエントリを混合することによって、怒り​​のための作業定義を作成しました: 憤慨は、実際の、または想像された間違った、侮辱、または傷害の結果としての憤慨または永続的な意志です。 この怒りの表現のキーワードは、私にとって、「永続的」と「想像」です。 それは本当にその要点です。

怒りの腸に入るためには、知覚された怪我に縛られなければならず、あなたの言葉と行動によって、あなたがあなたの柱から揺れることはないと宣言しなければなりません。 そうすることで、あなたは絶対に望ましくないものを把握します。 それは危険な場所です。 現実の、または想像上の傷を負った一人の人からあなたを遠ざけます。 最悪の場合、あなたの愛とあなたの人生から切り離すために正当化された人の絶え間ないリストのためにあなた自身を設定します。

怒りの発見と暴露

私たちの想像力は、永続的な病気の状況を作り出すのをどのように保ちますか? 憤慨は、私たちの意識を掻き立て、毎朝鏡から私たちを眺めている猛烈な怪物になる可能性があります。 しかし、私はそれが、より深いレベルで、表面の下に、私たちの心の影に隠れて、より頻繁に存在すると考えます。 永続的な病気の少年は、私たちの関係と私たち自身の幸福を脅かすために解き放たれるのを待っています。

私がこの本を書いていたときに憤りを「見つける」ことについての私の話を分かち合うことができます。 あまり詳しく説明しなくても、私は自分の人への本当の想像上の怪我のために、私が病気を残していた場所のいくつかの例を知り始めました。 私は、この人やその人の名前や考えが、私の傷ついた感情に関連するいくつかの文章を出す時があることに気づいた。 一般的に、そこには1つか2つの背中があるでしょう。

私たちはフランスのロッジでイベントを企画していました。 ゲストリストを作成しました。 数年前、私はリストに載っていた人たちの一人とやり取りしました。 私はその人に参加するように頼むことを検討したいという私の願望を感じることができました。 私は自分自身が対立のために準備をしているのを感じることができました。 私は3年後に病気を感じることができました。 私は寒い北海の底に静かなグランピアン山脈の古代の岩のように、そこに座っている実際の、または想像された人身傷害の感覚を知っていました。 3年後、ここでは海岸に戻ってきて、それを考慮に入れる。

フランスの状況で何が起こっているのか自分自身を開いて、私が他の誰かと何かを保持している他の状況をよく知った。 多くの中には親、元パートナー、姉妹、友人がいました。 むしろ可能性の範囲、あなたは思いませんか? 何も悪質なことはありません。 いくつか大したことはありませんでしたが、コレクションが醸造されていました。過去の行為が私の現在では「再感」されていた人々のグループです。

なぜ私たちは害のある言葉や行動に執着するのですか?

なぜ我々はそれを行うのですか? なぜ、他人が私たちに送るかもしれない有害な言葉や行動を続けたいのですか? 関係が終了する。 なぜ我々は苦いビットにこだわっていますか? 親は何か傷ついていると言います。 なぜ私たちはそのことを私たちの中に見つけさせるのですか? 友人は私たちの必要な時を去ります。 見知らぬ人が私たちを困らせる。 過去の犯行を抱くために私はどのように役立つでしょうか?

私は、私たちの生活の早い段階で、怒りは私たちが自分を世話する前に開発した自己防衛的な行動であったかもしれないと信じています。 誰かが「平均的」または「傷ついている」場合、私たちは自分から身を守り、自分を守る手段として彼を避けることを学びました。 誰かが私たちに何度も失望したとき、私たちは彼女に応じてやりました。 あなたが4歳か8歳の時に意味があります。

しかし、私たちを傷つける人々から "去る"ことによって自分自身を守ることは、私たちが完全に成長して機能する大人であるときには、そのような賢明な行動ではありません。 その自己防衛的な対応は、今や私たちの心を愛と思いやりの中で他人に開き、自分の力に完全に足を踏み入れ、脆弱で本物のものにし、犠牲者の精神を解放し、地上の責任ある大人。 はい、ちょうど8であることにいくつかの利点があります。

あなたの恨みのリストを手に入れよう

<p><img title="Resentment: A Seething Monster that Lurks in the Shadows of Our Heart" src="images/2014/460x175/resentment.jpg" alt="Resentment: A Seething Monster that Lurks in the Shadows of Our Heart" /></p> <p>by Susan L. Westbrook, PhD. The danger with anger is not that we have it, but that we may not choose to release it. We feed anger with our doubts and fears. We create stories about the insult and injury we experienced. The resentment becomes a self-righteous retreat for our own feelings of smallness and inferiority.</p> <hr id="system-readmore" /> <p><img style="margin: 1px; border: 1px solid #000000; vertical-align: top;" title="Resentment: A Seething Monster that Lurks in the Shadows of Our Heart" src="images/2014/460x175/resentment.jpg" alt="Resentment: A Seething Monster that Lurks in the Shadows of Our Heart" /></p> <p style="text-align: center;" align="LEFT"><em>This is air.<br />Opening the heart chakra.<br />Blowing away anger and resentment, bitterness,<br />envy, jealousy, animosity, and rage.</em></p> <p align="LEFT">The danger with anger is not that we have it, but that we may not choose to release it. It seems to be the same with anger and resentment. We feed anger with our doubts and fears. We create stories about the insult and injury we experienced. The resentment becomes a self-righteous retreat for our own feelings of smallness and inferiority.</p> <p align="LEFT">If we are not mindful, we become prone to all the maladies of body and spirit that thrive in the twisters of these negative emotions. Sore backs. Headaches. Isolation. Vengeance. Even chronic and fatal diseases have been attributed to the biochemical disturbances that can manifest when anger is left to brew.</p> <h3 class="western">Resentment Can Suck the Life Out of Us & the People Around Us</h3> <p align="LEFT">Anger is not the enemy. It signals us that we need to be in action—perhaps moving away from something that is not in our best interest, perhaps moving toward a change that we are resisting. Anger, in and of itself, is a healthy emotion. Resentment, on the other hand, has the power to suck the life out of us and the people around us.</p> <p align="LEFT">The word "resent" is derived from a Latin precursor that meant, literally, to "re-feel." When we are resenting someone or something, we are actually re-feeling the hurts and pains and disappointments that have come before; we are living in the past. Unfortunately, we are also impacting the present and setting ourselves up for problems in the future.</p> <p align="LEFT">For the purpose of our discussion I created a working definition for resentment by blending entries from two dictionary sources: <em>Resentment is indignation or persistent ill will as a result of a real or imagined wrong, insult, or injury. </em>The key words in this rendering of resentment are, for me, "persistent" and "imagined." That is the crux of it, really.</p> <p align="LEFT">In order to enter into the bowels of resentment, you have to latch on to a perceived hurt and declare by your words and actions that you will not be shaken from your pole. In so doing, you grasp on to something absolutely undesirable. It is a dangerous place to be. At best you will distance yourself from one person who has inflicted a real or imagined hurt; at worst, you set yourself up for an ever-growing list of people you feel justified to cut off from your love and your life.</p> <h3 align="LEFT"><strong>Finding & Uncovering Resentment</strong></h3> <p align="LEFT">How do we keep our imaginations from creating situations of persistent ill will? Resentment can be a seething monster that stalks our consciousness and looks back at us from the mirror every morning. But I think it more frequently exists at a deeper level, under the surface, lurking in the shadows of our hearts. Little twisters of persistent ill will just waiting to be unleashed to threaten our relationships and our own well-being.</p> <p align="LEFT">Let me share my story about "find­ing" resentment as I was writing this book. Without going into too much detail, I began to be aware of several examples of places where I was harboring persistent ill will for real or imagined injuries to my person. I noticed that there were times when the name or thought of this person or that person would bring out several sentences related to my hurt feelings. Generally, there would be a barb or two back at them in there, too.</p> <p align="LEFT">We were planning an event at The Lodge in France. We had created a guest list. A few years earlier, I had had a slight run in with one of the people on the list. I could feel my desire to consider not asking that person to participate. I could feel myself prepping for a confrontation. I could feel ill will three years later. I was aware of a sense of real or imagined personal injury sitting in there, under the surface, like an ancient rock from the Grampian Mountains resting at the bottom of the cold North Sea. Three years later, here it comes rolling back onto the shore to be reckoned with.</p> <p align="LEFT">Opening myself to what was happening in the situation in France made me hyper-aware of other situations where I was holding something against someone else. Among the lot were a parent, a former partner, a sister, and a friend. Rather the gamut of possibilities, don't you think? Nothing vicious; some no big deal—but a collection was brewing, a group of people whose past deeds were being "re-felt" in my present.</p> <h3 class="western">Why Do We Hold On To Hurtful Words or Actions?</h3> <p align="LEFT">Why do we do it? Why do we want to hold on to the hurtful words or actions that others might send our way? A relationship ends. Why do we cling to the bitter bits? A parent says something hurtful. Why do we let that find its way inside of us? A friend steps away in our time of need. A stranger embarrasses us. How can it possibly serve me to hold on to past offenses?</p> <p align="LEFT">I believe that early in our lives resentment may have been a self-protective behavior we developed before we were able to take care of ourselves. If someone was "mean" or "hurtful," we learned to shut ourselves off from her or avoid him as a means of protecting ourselves. If someone disappointed us time and time again, we stopped depending on her. It makes sense ... when you are four or eight years old.</p> <p align="LEFT">But protecting ourselves by "going away" from the people who hurt us is not such a sensible behavior when we are fully grown, functioning adults. That self-protective response is now a sign of our inability or unwillingness to open our hearts to others in love and compassion, to step fully into our own power, to be vulnerable and authentic, to release the victim mentality and assume the posture of a grounded and responsible grownup. Yes, there are some advantages to being just eight.</p> <h3 align="LEFT">Coming To Grips With Your List of Resentments</h3> <p align="LEFT"><img style="margin: 7px; border: 1px solid #000000; float: left;" title="Resentment: A Seething Monster that Lurks in the Shadows of Our Heart" src="images/2014/460x175/resentment.jpg" alt="resentment" width="460" height="175" />Do you have a list, too? Maybe I should start by asking if you are hiding from the list, too. It is difficult to face both the wounds that have been rendered and the people who have allegedly inflicted them. We need to look deeply at these things when they first occur. But it just feels easier—and safer—to walk away, to hide out, to isolate, and to let the little splinters of hurt and disappointment fester out of sight.</p> <p align="LEFT">As I came to grips with my own list, I noticed that I had certain "tells" that would signal me that I had gone to that place of holding ill will. First, I became aware that I could not make eye contact. I am generally a look-you-in-the-eye­and-shake-your-hand kind of person. I assume I avoid the eyes of the other person because I either do not want her to see the hurt or disappointment in me or I do not want to see the Divine in him. I look away or down or to the side rather than taking the object of my resentment in by the seat of the soul.</p> <p align="LEFT">Second, I distance physically. I will not choose to have a conversation with him. I prefer not to sit next to her. I want a physical distance to create a buffer between the person and what I am holding back. Withdrawing my emotional con­nection, my physical presence, and my affection are ways of cutting myself off and not having to deal with what I am feeling.</p> <h3 align="LEFT"><strong>Exploring Resentment & Moving On<br /></strong></h3> <p align="LEFT">Whew! There is a lot on the table right now If you know that there are resent­ments brewing inside you, you might be feeling overwhelmed, and if you are in­sisting there are no resentments brewing inside you, you might be thinking you need to move on to a different chapter.</p> <p align="LEFT">This is a great time to become very familiar with the mantra for the Second Tibetan: <em>This is air. Opening the heart chakra. Blowing away anger and resentment, bitterness, envy, jealousy, animosity, and rage. Creating space for love and compassion, forgiveness and vulnerability, acceptance and peace.</em></p> <p align="LEFT">Air has the capacity to seep into places that are shut off. Think of how difficult it is to create an air-tight house in the winter. Air also invigorates and brings freshness. Air, by its very nature as a gas, is expansive. It is more than fluid. It can be everywhere at once. Air is susceptible to the laws of diffusion and will always move from a place where there is more of it to a place where there is less.</p> <p align="LEFT">Visualize your heart and chest being full of air, opening as the expansiveness of the gas takes up more and more space. What needs to be pushed out? Let those things go as you breathe out.</p> <p align="LEFT">In each case, be mindful of your thoughts and feelings. Is there anger? Hurt? Sad­ness? Are the tears making their way to the corners of your eyes? Can you breathe easily or is the breath stiff and ragged? You do not need to do anything with these observations. Notice. Move on.</p> <h3 align="LEFT">Releasing The Death and Destruction Resentment Can Bring Into Your Heart</h3> <p align="LEFT">I invite you to rest in Corpse Pose. Corpse is an apt name for what can occur in your life and relationships if you do not release the death and destruction resentment can bring into your heart. It is also a picture of giving up those persistently held hurts and hard feelings. Let them die. Allow them to make their way back into the earth and become compost to feed the thoughts and actions of a higher calling.</p> <p align="LEFT">As you take complete breaths, visualize a warm breeze blowing over your body—the kind of breeze you might feel when you are lying on the beach, sun shining down on your face, perhaps a little damp from taking a swim. As you re­main in Corpse Pose, let that movement of air over your body take the resentment and held hurts in its delicate tendrils and carry them away.</p> <p align="LEFT">As the breeze moves over you, think or say aloud the names and events you are holding, acknowledg­ing that they are keeping you small and unable to move freely and confidently in your world. As the breeze makes each pass, keep releasing those names and specific events until no more surface. Take a moment to deeply breathe and feel the air expand your heart, opening you to compassion and forgiveness. Feel the lightness the release has brought. Take a moment to offer gratitude for the people and situ­ations you have named.</p> <p style="text-align: right;"><em>©2014 by Susan L. Westbrook, PhD. All Rights Reserved.</em><br /><em>Reprinted with permission of the publisher, </em><br /><em>Findhorn Press. <a href="http://www.findhornpress.com" target="_blank">www.findhornpress.com.</a> </em></p> <hr /> <p>This article was adapted with permission from the book:</p> <p><strong><a href="http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/184409197X/innerselfmaga-20" target="_blank">The Five Tibetans Yoga Workshop: Tone Your Body and Transform Your Life </a><br />by Susan Westbrook, PhD<br /></strong></p> <p><em><a href="http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/184409197X/innerselfmaga-20" target="_blank"><img style="margin: 1px 7px 1px 1px; border: 1px solid #000000; float: left;" title="The Five Tibetans Yoga Workshop: Tone Your Body and Transform Your Life " src="images/2014/covers/184409197X.jpg" alt="The Five Tibetans Yoga Workshop: Tone Your Body and Transform Your Life " width="67" height="100" /></a>The Five Tibetans Yoga Workshop</em>  helps the reader to facilitate the inner work with the powerful combination of the body-strengthening daily practice of the legendary yoga-like poses known as the “5 Tibetans” along with spirit-nourishing stories and metaphors born of seas and rainbows and mountain vistas. As you move through the pages and activities of the book you will discover for yourself the positive effects of performing the rites that have been touted as the “ancient secret of the fountain of youth.” Susan Westbrook will gently encourage you to look inward at what she refers to as the “grasping behaviors” that are not serving you and will help you take on thoughts and actions (the healing behaviors) that can facilitate your healing and growth.</p> <p><a href="http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/184409197X/innerselfmaga-20" target="_blank">Click here for more Info and/or to Order this book</a>.</p> <hr /> <h3 align="center">About the Author</h3> <p><img style="margin: 1px 7px 1px 1px; border: 1px solid #000000; float: left;" title="Susan Westbrook, author of: The Five Tibetans Yoga Workshop" src="images/2014/authors/westbrook_susan.jpg" alt="Susan Westbrook, author of: The Five Tibetans Yoga Workshop" />At the age of 50, after more than 25 years as an educator, University Professor, and school developer and director, Susan Westbrook took a leap out of the mainstream to become a high ropes facilitator, life coach, and Reiki Master/Teacher. A consummate teacher, storyteller, and spiritual wanderer, Susan is passionate about helping you go bravely into the dark corners of your inner life so you can begin healing the old wounds that are stealing the peace, joy, and abundance you were created to have. Visit her website at <a href="http://susanwestbrook.com/">http://susanwestbrook.com/</a></p> <hr />リストもありますか? たぶん私はあなたがリストから隠れているかどうかを尋ねることから始めるべきです。 レンダリングされた傷と、傷ついたと思われる人々の両方に直面することは困難です。 最初に起こったときに、これらのことを深く見る必要があります。 しかし、それは離れて歩き回り、隠れて、隔離し、傷つき、失望の小さな破片が見えなくなるように、より簡単に、より安全に感じます。

私が自分のリストを把握するようになったとき、私は病気の意思を保持している場所に行ったことを私に伝えてくれると確信していました。 まず、私は目に触れることができないことを知りました。 私は一般的にあなたの目を見て、あなたの手のような人物です。 私は彼女が私に傷や失望を見せないようにするか、または私が神の中に神を見たくないので、私は他の人の目を避けると仮定します。 私は、魂の席で私の憤りの対象を取り上げるのではなく、遠くに、または横に、または横に見る。

第二に、私は物理的に距離があります。 私は彼と会話することを選択しません。 私は彼女の隣に座ることを好まない。 私はその人と私が後悔しているものとの間にバッファーを作るための物理的な距離が必要です。 私の感情的なつながりを失うこと、私の身体的存在、そして私の愛情は、自分を切り離し、私が感じていることに対処する必要がない方法です。

恨みと移動を探る

すごい! 今のテーブルにはたくさんのことがあります。あなたの中に恨みが沸き起こっていることが分かっているなら、あなたは圧倒されているかもしれません。また、あなたの中に恨みがないと主張しているなら、別の章。

これは第二チベットのマントラに非常に精通している素晴らしい時間です: これは空気です。 心臓チャクラを開く。 怒りと恨み、苦味、嫉妬、嫉妬、敵意、激怒。 愛と思いやり、赦しと脆弱性、受け入れと平和のための空間を創造する。

空気は、遮断された場所に浸透する能力を有する。 冬に気密な家を建てることがいかに難しいかを考えてください。 空気も活気を与え、新鮮さをもたらします。 空気は、その性質上、ガスとして膨大です。 それは流体以上のものです。 一度にどこにでも置くことができます。 空気は拡散の法則に敏感であり、常にそこにある場所から少ない場所に移動します。

あなたの心と胸が空気で満たされていることを視覚化し、ガスの膨張性がますます多くの空間を占めるようになる。 何を押し出す必要がありますか? あなたが息を吐くようにそれらのものを行かせてください。

いずれの場合も、あなたの考えや気持ちに留意してください。 怒りはありますか? 傷つける? 悲しみ? あなたの目の隅に涙が流れていますか? あなたは簡単に呼吸できますか、または息が硬くて荒れていますか? これらの観測で何もする必要はありません。 通知。 進む。

解放する死と破壊恨みはあなたの心にもたらすことができる

私はコープスポーズであなたを休ませることを勧めます。 コープスはあなたの人生と人間関係の中で何が起こるかについての適切な名前です。あなたが死と破壊の憤りを解放しなければ、あなたの心に持ち込むことができます。 それはまた、永続的に保持されている痛みや苦しい気持ちをあきらめている写真です。 彼らが死ぬようにしなさい。 彼らが地上に戻って堆肥化して、より高い召しの考えや行動を供給できるようにしなさい。

あなたが完全な息をとると、あなたの体に吹く暖かい微風を視覚化します。あなたが浜辺に横たわっているときに感じる風、あなたの顔に輝く太陽、泳ぐことから多少湿っているかもしれません。 あなたが死体の姿にとどまっているときに、あなたの体の上の空気の動きが憤慨し、繊細な腱に傷をつけて持ち去らせるようにしましょう。

微風があなたの上を移動するとき、あなたが保持している名前とイベントを大声で考えたり、声を出して言います。彼らはあなたを小さく保ち、自信を持ってあなたの世界を動かすことができないことを認めます。 風が吹くごとに、その名前と特定の出来事を表面がなくなるまで放置してください。 深く呼吸し、空気があなたの心を広げ、思いやりと赦しの扉を開くのを感じてください。 リリースがもたらした明るさを感じてください。 あなたが命名した人々や状況に感謝してください。

©2014 Susan L. Westbrook博士(PhD) 全著作権所有。
出版社の許可を得て使用して、
フィンドホーンを押します。 www.findhornpress.com。

記事のソース

5つのチベット人のヨガワークショップ:あなたの体をトーンにし、あなたの人生を変える
Susan Westbrook博士(PhD).

5つのチベット人のヨガワークショップ:あなたの体をトーンにし、あなたの人生を変えるあなたが本のページや活動を見ていくうちに、「若者の噴水の古代の秘密」として賞賛されている儀式を実行することの肯定的な効果をあなた自身が発見するでしょう。

詳細はこちらをクリックしておよび/またはこの本を注文する.

著者について

Susan Westbrook、著者:The Five Tibetans Yoga Workshop50の時代には、教育者として25年を過ぎてから、大学教授、学校の開発者とディレクターであるスーザン・ウェストブルックがハイロープ・ファシリテーター、ライフ・コーチ、レイキ・マスター/ティーチャーになるために主流から飛躍しました。 優秀な教師、ストーリーテラー、精神的な放浪者、スーザンは、あなたが内なる人生の暗い隅に勇敢に行くのを助けることに情熱を燃やしているので、あなたが持つ平和、喜び、豊かさを奪っている古い傷を治すことができます。 彼女のウェブサイトをご覧ください http://susanwestbrook.com/

enafarZH-CNzh-TWnltlfifrdehiiditjakomsnofaptruessvtrvi

InnerSelfをフォロー

Facebookのアイコンさえずり、アイコンrss-icon

電子メールで最新情報を取得する

{emailcloak =オフ}